確かな手続きであなたに安心をお届け…埼玉県八潮市の行政書士事務所松尾
業務に関する投稿記事
  • HOME »
  • 業務に関する投稿記事 »
  • 建設業許可

建設業許可

公共工事を受注するには

公共工事を受注する方法 国等の機関や地方公共団体が発注した建設工事を、民間業者が受注するには、入札による契約方法が優先されています。 公共工事は大別して①国の機関(国土交通省等)②政府の機関(都市再生機構等)③地方自治体 …

技術者の配置

工事現場への技術者の配置義務 建設業許可を取得した事業者は、請け負った工事を施工する工事現場に、主任技術者又は監理技術者を必ず配置しなければなりません(建設業法第26条)。 配置する技術者の要件は、専任技術者のものと同じ …

専任技術者の実務経験

専任技術者の実務経験とは 建設業許可を取得しようとするとき、許可を受けようとする業種について資格や実務経験を有する専任技術者がいることが必須となります。 では、建設業の専任技術者に必要な実務経験とは、どのような経験でしょ …

解体工事業の許可を取得するには

解体工事業の許可 平成28年6月、建設業許可業種に解体工事業が新設されました。これに伴い500万円以上の工作物解体工事を施工するには解体工事業の許可が必要となります。 平成28年6月1日時点で既に「とび・土工工事業」の許 …

解体工事業登録

解体工事業登録 解体工事業を営むには、解体工事業の登録か建設業許可が必要です。 解体工事業の登録の場合は、解体工事を行う区域を管轄する都道府県知事に申請し 登録を受けます。登録の有効期間は5年間です。 解体工事業の登録と …

« 1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所松尾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.